« Jeremy Caplan in Tokyo | トップページ | December 17 »

Peter Kaplan

 ピーター・キャプランが癌のため亡くなった。享年59歳。

 彼が長きに渡って編集長を務めた「ニューヨークオブザーバー」は、ニュージャーナリズムのスピリッツを継承し、書き手が自らの視点を前面に出し、取材対象者の心理に迫り、最高に面白かった。

 私は彼に2回インタビューして記事を書いているが、彼の部屋は本がうずたかく積まれ、学者の書斎のようだった。彼の知性豊かなことばの一つ一つに聞き惚れたものである。

 キャプランが「オブザーバー」を去る時、彼は同紙は彼のライフワークで、ちょっとお休みするだけだ、と私にメールしてきたものだった。

 信じられない。ご冥福をお祈りしたい。

 

 

« Jeremy Caplan in Tokyo | トップページ | December 17 »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/54117634

この記事へのトラックバック一覧です: Peter Kaplan:

« Jeremy Caplan in Tokyo | トップページ | December 17 »