« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

Jeremy Caplan in Tokyo

 ニューヨーク市立大学ジャーナリズム大学院 アントレプレニュリアル・ジャーナリズム・コース 教育担当ディレクターのジェレミー・キャプランが、米国大使館の招きで来日する。

  東京では1217日午後6時から午後830分まで、早稲田大学でシンポジウムを開催する。

   デジタルでいかにジャーナリズムの活路を見出すかというテーマに御関心がある方は是非、ご参加いただきたい。

   申し込みはこちらから:

  http://www.waseda-j.jp/archives/2493

   私はパネリストを務める予定である。

 

The Departure

 マリア・バーティロモがCNBCからFox Business Networkに移籍するという。

 私は彼女にCNBC本社でインタビューしたこともあるし、大変立派な人格の方で深く尊敬している。

 CNBCにずっととどまっていてほしかった。だが、いろいろと思うところがあっての移籍なのであろうから、新天地でも成功を祈りたい。

Jeremy Caplan

   ニューヨーク市立大学大学院ジャーナリズム学科でアントレプレニュリアル・ジャーナリズムのコースを担当しているジェレミー・キャプランが、米国大使館の招きで12月に1週間来日する:

http://www.journalism.cuny.edu/cunyj_profiles/caplan-jeremy-adjunct-faculty-fundamentals-of-interactive-journalism/#.UoeNa9aChjo

 私は同コースの発足当初から彼と研究の交流があり、来日の実現に関わることができて大変喜んでいる。

 既に講演を告知している地域があるが、東京での講演ももうすぐ告知される予定である。本ブログでも追って詳細をお伝えしたい。

QUARTZ

 デジタル戦略が絶好調のアトランティック・メディアカンパニーが創設したビジネスニュースサイト『クオーツ(QUARTZ)』についての記事を、『現代ビジネス』の連載で公開した:

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37410

 創意工夫に満ちた、クオリティの高いニュースサイトである。日本の報道機関もこのサイトの発想から多いに学ぶべきであろう。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »