« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

VIPO

 映像産業振興機構(VIPO)が、「~世界で活躍する映像作家となるための~南カリフォルニア大学とアメリカ映画協会の映像教育」と題したセミナーを本とDVDとして公刊している:

http://www.vipo.or.jp/ja/single/061101.php

 たまたまこの本とDVDの存在を知り購入したのだが、中々優れた内容である。今後、私の授業でも使用しようと思う。

The First Column at Webronza

 本日、朝日新聞社の「Webronza」に「ジャーナリストこそ起業家精神を」の記事をもってデビューした:

http://astand.asahi.com/magazine/wrbusiness/2011092000005.html?iref=webronza

 今回は、おいしい情報を記事の後半にもってきて、課金に応じてくださった方のみ見られるようにしてみた。

 課金サイトに執筆するのは初めての経験なので、いろいろ実験してみようと思っている。

Authentic

 最近、アメリカのテレビニュースで authentic ということばを耳にする機会が多いと思っていたら、NYTが早速記事で取り上げた:

http://www.nytimes.com/2011/09/11/fashion/for-only-the-authentic-cultural-studies.html?pagewanted=all

Street Fight Summit

 授業で私は参加できないが、ハイパーローカルに関する豪華なサミット:

 http://streetfightmag.com/conference-2011/

Henshu Iin

 日本の新聞社で「編集委員」は編集の仕事をしないのは、ある程度新聞界の実情を知っている人なら周知の事実である。

 では、なぜ、編集しない人を編集委員と呼ぶようになったのか。ある本の執筆を進めているうちに知りたくなって調べているのだが、まだその経緯は突き止められずにいる。

Jim Brady

 「ワシントンポスト」及び「ニューズウィーク」でデジタル戦略に辣腕をふるい、現在はジャーナル・レジスター・カンパニーで編集長を務めるジム・ブレイディ氏が来日する。

 10月3日(月)には、東京アメリカンセンターで「最新アメリカ・ジャーナリズム事情:デジタル時代のメディアとこれから」と題して講演する。司会・コメンテーターは私で、面白い講演会になると思う。

 参加にはこちらのページの末尾から申し込みが必要:

http://connectusa.jp/upcoming/2011/1003_000511.html

 

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »