« SecondMarket Part Ⅱ | トップページ | Public Journalism »

Spider-Man: Turn Off the Dark Part Ⅱ

 前代未聞の出来の悪さのブロードウェイ版「スパイダーマン」。

 既に下記に記したが:

http://timessquare.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/spiderman-turn.html

 ピーター・パーカーとメアリー・ジェーンの恋の物語を核にすべきと書いたのは、ミュージカルの基本は「ボーイ・ミーツ・ガール」だからである。

 ベタといわれても、こんな感じにした方が良かったのではないか。

 将来ブロードウェイをしょって立ってもおかしくないジェニファー・ダミアノが「私の彼はスパイダーマン」という歌を2回歌う。
 最初は陽気に「彼は空も飛べるし悪者もやっつけるのよ」。2回目は1幕の終わりに「でも、私が愛したのはピーター・パーカーという一人の青年なの」と泣き崩れる。
 
2幕はスパイダーマンがビルの屋上でしょんぼりしてるところから再開する。

 アーティクティックなひねりを効かせるのはブロードウェイ版「スパイダーマン2」まで待つべきだったと思う。

« SecondMarket Part Ⅱ | トップページ | Public Journalism »

ブロードウェイ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/38816306

この記事へのトラックバック一覧です: Spider-Man: Turn Off the Dark Part Ⅱ:

« SecondMarket Part Ⅱ | トップページ | Public Journalism »