« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

SecondMarket

 「新世紀シリコンアレー デジタル革命の群像」2011年第1弾は、流動性の低い金融商品のオンライン・マーケットプレイスを構築しているセカンドマーケットを取り上げた:

http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20110120/218060/?P=1

 また、「日経ビジネス」1月31日号では、同誌水野ニューヨーク支局長が私と異なる視点からセカンドマーケットについて執筆している。

 2つの記事をあわせてお読みいただけると幸いである。

The Length

 字数制限に悩まされなくなるのは、オンラインで連載するメリットの1つである。

 雑誌だと1回2ページで2000-2500字程度の字数で執筆することが多いが、この字数はきつい。

 会社が設立されてから今日に至る経緯で1000字、事業内容の説明で1000字はどうしても必要なので、残りの数百字で議論をすることになる。しかし、数百字ではどうしても尻切れトンボになる。

 これがオンラインだと議論に1000字あてても問題は発生しないので、十分に書くことができる。

 私は最近は3500字から5000字程度が調度良く感じる字数である。

 

English

 私も連載しているので手前味噌の宣伝ということになるが、「日経ビジネス」オンラインの「英語は道具・銅メダル英語を目指せ」は面白い:

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20101008/216574/

 初回に派手にぶちあげたので、どうなることかと不安げに記事を読み進めたが、これまでにない実践で「使う」という視点に立った議論を展開していると思う。

Today

 ニューヨーク在住の友人にもあまり賛同してもらえないかもしれないが、NBCの Today で、ホストが CM 前に But first, this is Today on NBC. とそえるのは好きである。

modern family

 高い評価を受けている作品:

  http://abc.go.com/shows/modern-family

Anything Goes

 コール・ポーターの名作 Anything Goes が、この3月にブロードウェイでリバイバルされる:

http://www.roundabouttheatre.org/sst/index.htm

 とっても楽しみである。ポーターの粋なセンスは実に素晴らしい。

Spider-Man: Turn Off the Dark

★2011年2月10日執筆

 「ニューヨークタイムズ」をはじめ、ニューヨークの新聞各紙が初日を待たずに「スパイダーマン」の劇評を掲げた。酷評の嵐である。

 初日翌日に劇評を出すルールを破った異例の措置である。あまりにもプレビューが長引き、その期間中も観客は通常の料金でチケットを購入して観劇しているので、この措置は賛成である。

 私も「スパイダーマン」の出来はあまりにも最悪であると思う。

 怪我が問題になっているが、そもそもスピーディーなアクションということでは映画に舞台が勝つのは難しい。

 2幕最初の悪役コスプレショーも悪趣味だ。

 より大きな問題はドラマがめちゃくちゃなことである。メアリー・ジェーン役はNext to Normal で素晴らしい仕事をしたジェニファー・ダミアノだが、ぞんざいな扱いを受けている。

 聞くところでは、ジュリー・テイモアは強い女性が好きで、それでスパイダーウーマンを登場させたのだという。しかし、私はスパイダーウーマンが何なのか最後まで見てもさっぱり分からなかった。

 ジュリー・テイモアの独りよがりを誰も止められなかったのが敗因だろう。

 ピーター・パーカーとメアリー・ジェーンの恋のシーンを核にしたベタなエンタメ作品に徹してくれたら、舞台版として独自の価値を主張できたかもしれない。

 これだけプレビューが長くなっても根本的にドラマを作り直す余裕はないようなので、ここまでの6500万ドルは埋没コストと割り切り、公演を打ち切って返金すべきだ。

★2011年1月3日執筆 

  ブロードウェイで「スパイダーマン」を見た。

 私は広義で報道関係者にあたるのでプレビューの段階で批評を記すのは控えたい。

 ただ、技術的な問題はまだ解決していない。私はオーケストラで見たのだが、私の座席の上空でグリーン・ゴブリンが動けなくなり、ショーが一時中断した。

  スパイダーマンと敵役が宙吊りで飛ぶため、オーケストラよりフライイング・サークルかバルコニーで見るほうがお薦めである。

 また、これは既に報道されていることだが、2幕の評判が悪く、手直しをするため、プレビューの期間が当初の予定より延長されている。

 初日にはどんな舞台に落ち着くのか、見守りたいと思う。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »