« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

Twilight:The Movie

 Entertainment Weekly の2月20日号の表紙は Twilight。

 Twilight は、小説・映画とも第1作に接してみたが、小説を6作目まで読もうと思うほどには惹かれなかったので、とりあえず映画は見続けようと思っている。映画第1作ではまだ話は始まったばかりで、先は長そうだ。

NY1

 ビデオジャーナリズムのパイオニア「NY1」についての取材の成果を下記で発表した:

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090210/185630/

 NY1の編集局は完全デジタル対応で、記者が取材した素材が即座に編集局内で共有できるようになっている。

 新聞社の方はNY1に興味をもてないかもしれないが、記事にも書いたとおり、ビデオジャーナリズムはアメリカでは新聞記者の新しい必須科目になりつつある。新聞社の方こそこの記事を読んでいただけたらと思う。

NewspaperProject.org

 新聞を救うべく、下記のプロジェクトもスタートした:

  http://news.newspaperproject.org/

domino

 コンデナストが domino を廃刊にしたのには驚いた。この雑誌よりも先に廃刊すべき雑誌があると思う。

 フレデリック・マルテル著『超大国アメリカの文化力』(岩波書店)。

 フランスの文化外交官がアメリカの文化政策を解き明かした600ページに及ぶ大著である。

 大いなる期待をもって読み始めたのだが、プロローグの段階で首をかしげざるをえなくている。単純な事実関係の間違いが散見されるのである。

 たとえば、ブロードウェイの商業劇場の数は42、バージンメガストアのささやかなクラシック音楽の売り場は閉鎖された、など。

 とりあえず、もう少し読み進めてみたい。

World Economic Forum

 ダボス会議は当初の路線からずれすぎてしまっているように見える。

 もう少しエクスクルーシブ感を出すようにしないと、ただ顔をあわせる場に陳腐化していくのではないかと思う。

The Subscription Model

 新聞産業が追い詰められるにつれ、アメリカではウェブ上で課金すべきだという議論が増えてきている。私も賛成である。

 コンテンツは無料でシェアする時代になったという議論は、何でもタダでくれというずうずうしい考え方だと思う。

The September Issue

 アナ・ウィンターと『ヴォーグ』をテーマとしたドキュメンタリー The September Issue がサンダンス映画祭で好評で、賞も獲得した。

 はやく見てみたいものである:

  http://www.arp.tv/production.html?production=septissue

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »