« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

Endorsements

 NYTが大統領選挙でどの候補を支持してきたのかの一覧:

http://www.nytimes.com/interactive/2008/10/23/opinion/20081024-endorse.html

Lauren Rich Fine

 非上場にするのは私も賛成だが、利益を確保し続けられるかについては楽観論は禁物であろう:

http://www.paidcontent.org/entry/419-despite-the-decline-newspapers-are-still-profitable/

Photojournalism

 NYTの金融危機報道関連の写真が優れていることについて CJR が議論をしている。こうしたNYTの洗練されたセンスは他紙に大いに見習ってほしいところである:

  http://www.cjr.org/the_audit/crisis_photos.php?page=1

Rachael Maddow

 どこまでこの人気が持続するだろうか?

  http://www.rachelmaddow.com/

Forbes

  どの程度信用できる記事なのかは分からないが、かなりの程度はそうなのだろう:

http://valleywag.com/5066807/forbescom-exacts-revenge-of-nerds-on-forbes

Newser

 『バニティ・フェア』のコラムニストであるマイケル・ウルフが、ニュージアーについて語っている:

http://www.editorsweblog.org/analysis/2008/10/michael_wolff_the_future_is_newser_aggre.php

Global News Enterprises

   どのように展開していくのか不明な点も多いが、意欲的な試みなので、注目していきたい:

 http://www.globalnewsenterprises.com/mission.php

Investor's Business Daily

  メディア業界紙でまず話題にならない IBD について、「アメリカで最も奇妙な新聞」と題して詳細な記事が書かれている:

http://www.thebigmoney.com/articles/judgments/2008/10/14/americas-strangest-newspaper?page=full

Magazine of the Year

  Advertising Age 恒例の Magazine of the Year は、今年はThe Economist が選ばれた。

 同誌を、The Big 3 と比較しているところが面白い。The Big 3 は自動車産業の話ではなく、Time, Newsweek, U.S. News & World Report を指す

 また、第2位に選ばれた Women's Helath の躍進も目覚しい。この一年で部数が44.9%増えている。

Future of Business Media

  授業があるので私は参加できないが、下記のイベントは大変興味をそそられる:

 http://www.fobmconference.com/index/

cityfile new york

  下記のサイトを先ほど初めて知った:

 http://cityfile.com/

Two Ladies

 いろいろと忙しくブログをお休みしていた。

 この間にウォールストリートが大荒れとなり、アメリカは終わりだという論調がいろいろあった。

 私は、ドルの価値が落ちていく傾向に変わりはなく、投資銀行の一時代は終わったものの、ウォールストリートはまた新たなビジネスモデルを作り出すものと考えている。

 さて、本ブログ定番のマリアとエリンに関する情報。この写真はさすが『バニティ・フェア』で、際立って素晴らしい:

http://www.vanityfair.com/politics/features/2008/11/moneyhoney200811?printable=true&currentPage=all

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »