« Brill's Content | トップページ | Attitudes »

Charles Gibson

 ケイティ・カーリックの身の振り方についての議論が盛んであるが、私はCNNでラリー・キングの後の時間帯にトーク番組を持つのが妥当な線かなという意見である。

 一方、好調なイブニングニュースに目を転じると、ABCのチャールズ・ギブソンには魅了されるものがある。Welcome to World News.というオープニングのことばはしぶくてかっこいい。頼れる父親の魅力がイブニングニュースを見る醍醐味ということにどうしてもなってしまうのかもしれない。

 ただ、ギブソンも既に引退の時期について口にし始めているので、そう遠くないうちにアンカーの座から去ることになりそうだ。

 ちなみに、World News は国際ニュースをたいして取り上げないので、次期アンカーの就任にあわせて番組名を変えた方がよいかもしれない。

« Brill's Content | トップページ | Attitudes »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/20293346

この記事へのトラックバック一覧です: Charles Gibson:

« Brill's Content | トップページ | Attitudes »