« NASDAQ | トップページ | USA Today »

Olivia Newton-John

 この夏のブロードウェイでは、「ザナドゥ」と「グリース」という2本のミュージカルが幕をあけたが、これらはいずれも映画ではオリビア・ニュートン-ジョンが出演した作品である。ブロードウェイも音楽ビジネスも研究対象としている私には興味深い現象である。

 舞台のできはというと、「ザナドゥ」は実に素晴らしい。もともと曲は素晴らしかったので、あの映像のチープ感を取り去って演出をやり直せば良い舞台になると私は思っていたが、期待以上の出来であった。

 「ザナドゥ」という素材で遊んでみましたという感じの自由自在の舞台で、コメディのセンスが抜群である。クリエイティブ・チームは随分と苦労したようだが、そのあとは微塵も感じさせない出来の良さである。

 一方、「グリース」は批評家は大方酷評だったが、客席は中々沸いていた。私も批評家は褒めないのは大いに理解できるのだが、でも楽しかったことは楽しかった。

 オリビア・ニュートン-ジョンについては今まで特に関心をもったことはなかったが、舞台をきっかけに、ここのところ興味をもっていろいろと調べている。ミュージシャンが息長く活動を続けていく上で、彼女から学べることは多いのではないかと思われる。

« NASDAQ | トップページ | USA Today »

ブロードウェイ」カテゴリの記事

ミュージック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/7792624

この記事へのトラックバック一覧です: Olivia Newton-John:

« NASDAQ | トップページ | USA Today »