« The Circle Line | トップページ | Cass Sunstein »

Ten Years at PLAZA HOTEL

 奥谷啓介著『世界最高のホテル プラザでの10年間』(小学館)

 大変率直な本である。

 プラザホテルに10年以上の長きにわたりマネージャーとして勤務した著者が、アメリカのホテルのルールを理解しようとしない日本人を批判する一方で、アメリカ式ホテル運営法の功罪についても分析した書物である。帯にあるとおり、本書はホテルを通して考える日米比較文化論を展開している。

 ホテル業界を離れようと著者が決意しなかったら、この本はまだ書かれていなかったであろう。

 書を読んで一点だけ私の体験と合致しない点を指摘しておくと、アメリカのホテルでもチェックインタイムにならないと絶対にチェックインさせてくれないホテルは少なくない。

 著者がプラザ後の人生をどう展開しようとしているのかについては具体的な記述は本書にはない。ただ、カバーを見ると現在もニューヨーク在住とのことである。

 http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%81%A7%E3%81%AE10%E5%B9%B4%E9%96%93-%E5%A5%A5%E8%B0%B7-%E5%95%93%E4%BB%8B/dp/4093877238/ref=sr_1_1/249-3142245-6379561?ie=UTF8&s=books&qid=1185021233&sr=1-1

« The Circle Line | トップページ | Cass Sunstein »

その他」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/7226147

この記事へのトラックバック一覧です: Ten Years at PLAZA HOTEL:

« The Circle Line | トップページ | Cass Sunstein »