« Radio City Christmas Spectacular | トップページ | PFI »

Don Hewitt

 この Christmas Spectacular スペシャルをプロデュースするドン・ヒューイットは、アメリカのテレビジャーナリズムにおける伝説上の人物である。

 エド・マローの最初のテレビ出演に登場し、大統領候補のテレビ討論をケネディ・ニクソン選で初めて実現し、そして 60 Miniutes というアメリカのテレビで最も視聴率を稼いだ長寿番組を生み出したのは、全てドン・ヒューイットである。

 テレビ・ジャーナリズムにショー・ビジネスを持ち込んだところにヒューイットの成功の秘訣があるが、彼はただ単にエンタテインメント路線を追求したのではない。

 Tell Me a Story という回顧録をヒューイットが出版したとき、私はトーク&サイン会でヒューイットの話を聞いたことがある。サインもしていただいた。そこでも彼は、シリアスなジャーナリズムとショービジネスの境目を歩いたときに、優れたジャーナリズムが生まれると強調していた。儲かる報道番組というパンドラの箱を開けてしまった彼は、テレビの報道が軟派になりすぎているのに警鐘を鳴らしていた。

 その回顧録は、既にペーパー版も出ている:

http://www.amazon.co.jp/Tell-Me-Story-Minutes-Television/dp/158648141X/ref=sr_1_1/249-3142245-6379561?ie=UTF8&s=english-books&qid=1180311778&sr=1-1

 60 Minutes は近年視聴率が落ち、ヒューイットは引退をさせられてしまった(後進に道を譲るべき年齢であったのは確かだが)。最近の 60 Minutes についての私の評価は既に下記に記した通りだが、視聴率は回復傾向にあり、クオリティの面でも盛り返してきているところもある。  

http://timessquare.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/60_minutes.html

« Radio City Christmas Spectacular | トップページ | PFI »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/6577798

この記事へのトラックバック一覧です: Don Hewitt:

« Radio City Christmas Spectacular | トップページ | PFI »