« E! | トップページ | Tony Awards »

A Chorus Line

 リバイバル・ミュージカル作品賞は逃したものの、興行成績は順調な「コーラス・ライン」。

 誤解している方が少なくないので記しておくと、実際のオーディションではこの作品のように私生活をこと細かく語らせるわけではない。

 ダンサーの一生についての聞き取りプロジェクトが発展してミュージカルになったため、この作品はダンサーの生き様について赤裸々に語る作品になったものである。

 「コーラス・ライン」に関する本は、邦訳のあるものだと下記がある。この本は単純な成功物語ではなく、苦味のある本になっている。ショービジネスに関心のある方にはこの本は非常に興味深い書物である。

 http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E7%89%A9%E8%AA%9E%E2%80%95%E3%80%8E%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%88%9E%E5%8F%B0%E8%A3%8F-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%82%B9/dp/4062065495/ref=sr_1_1/249-3142245-6379561?ie=UTF8&s=books&qid=1182098532&sr=1-1

« E! | トップページ | Tony Awards »

ブロードウェイ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/6823692

この記事へのトラックバック一覧です: A Chorus Line:

« E! | トップページ | Tony Awards »