« Conan O'Brien | トップページ | Valerie Plame »

Tina Fey

 みのわあつお著『サタデー・ナイト・ライブとアメリカン・コメディ』(フィルムアート社)は、Saturday Night Live (SNL) の魅力を存分に語った書物である。

 みのわ氏はティナ・フェイ否定派だ。122ページで「番組から笑いの爆発力と破壊力と刺激がまったくなくなり、スノッブ向けの知的なユーモアのスケッチとトークばかりになってしまった」と書かれている。フェイがヘッドライターの時代の SNL はこれまでの SNL とは異質であり、視聴者の好き嫌いは分かれた。男性視聴者が減り、女性視聴者が増えた。

 現在、フェイは SNL からは降板し、30 Rock というコメディを執筆し出演もしている。今のところはそこそこの出来で、これからもっと成功するかもしれない。

 フェイはNBC内部でかわいがられているようで、年々傲慢なキャラになってきているように見受けられる。ケイティ・カーリックが Today を降板したときに、マット・ラウアーへのメッセージとして「今度はあんたがしっかりするのよ」とビデオクリップで述べていたが、かなり強い言い方でジョークというよりラウアーを馬鹿にしているように私には見受けられた。

 フェイは、自分のことも笑いものにするのを心がけるべきではないかと思われる。そうしないと、彼女はただ単に嫌みな人になってしまう恐れがある。 

« Conan O'Brien | トップページ | Valerie Plame »

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/6343196

この記事へのトラックバック一覧です: Tina Fey:

« Conan O'Brien | トップページ | Valerie Plame »