« Raines | トップページ | CBS Evening News »

Sandra Joseph

 サンドラ・ジョゼフは、ブロードウェイ版「オペラ座の怪人」で、クリスティーン役を20064月まであしかけ9年にわたって演じた女優。途中、何度か休みをはさみながらも、主役クラスの役をブロードウェイでこんなに長く演じ続けたケースは珍しい。

ブロードウェイでは、主役クラスの役者は1年程度で交代することが多い。精神的にも肉体的にもこの辺が限界のようだ。

 しかも、彼女は「オペラ座の怪人」のオリジナル・キャストではないから、何年舞台に出続けてもサントラCDも出ないし、最優秀主演女優賞を取ることもできない。

 私生活でも共演した怪人役の俳優と結婚するくらいだから、彼女はよほどこの作品が好きだったのだろう。

 彼女の「オペラ座の怪人」の解釈は、クリスティーンが愛しているのは怪人で、ラウルは庇護者の存在だというもの。彼女のクリスティーンは、二人の男性の間で揺れ動く心理にはあまり重きを置いていなかった。この解釈は賛否両論あるところかもしれない。

 サンドラは舞台を重ねるにつれ大人の女性のかわいらしさがにじみでるようになって、彼女の舞台の最後の2年ほどは私はNYにつくとまず「オペラ座の怪人」を見て、去るときにまた見て、というファンだった。

 彼女の舞台での姿は YouTube にあがっていることが多い。言うまでもなく法的には違法行為で、観客が隠れて録画したのをアップしたものだ。だが、これだけが今となっては彼女の舞台を振り返ることのできる動画になっている。

 今、彼女はこれまでの女優人生について本を執筆中とのことで、その後は一人舞台に取り組むようだ。

 サンドラ・ジョゼフのホームページはこちら:

http://www.sandrajoseph.com

« Raines | トップページ | CBS Evening News »

ブロードウェイ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/5953156

この記事へのトラックバック一覧です: Sandra Joseph:

« Raines | トップページ | CBS Evening News »