« Sunday in the Park with George | トップページ | Ultimate Broadway »

Bernadette Peters

Sunday in the Park with Georgeは、Stephen Sondheimの作詞作曲で、数あるソンドハイム・ミュージカルの中でも傑作の一つと言われる。点描技法のジョルジュ・スーラの制作の苦闘を描いた作品である。ブロードウェイ・ミュージカルには珍しく、この作品は舞台を録画したビデオ・DVDが発売されている。

ソンドハイムはブロードウェイ・ファンなら誰もが知っている巨匠でありながら、日本での知名度は低い。日本語の訳詩をあてにくい複雑なメロディを書くことがあること、時に作品が難解に流れることがあることなどが、日本での上演回数が今ひとつ少ない原因であろうか。

Sunday in the Park with Georgeの主役の一人を務めたのはバーナデット・ピーターズで、繊細なソンドハイムの世界を最も表現力豊かに表現する女優であるとされる。彼女はブロードウェイの女王ともブロードウェイのファースト・レディとも呼ばれる大女優であり、彼女の舞台を見たことがなくてもトニー賞の授賞式をよくご覧になっている方にはお馴染みであろう。

ピーターズは子役出身であるが、女優としての評価を得るまでにはかなりの時間がかかっている。知性豊かなニューヨーカーであり、コメディのセンスが抜群である。また、そのエモーショナルな演技は観客の心をつかんで離さない。

近年、彼女がブロードウェイで主役を演じた作品はAnnie Get Your GunGypsyである。必ずしも彼女向きの作品ではなく開幕前にはミスキャストだと言う声もあったが、演じてみるとはまり役に思わせてしまう芸域の広さを誇る。

女性の年齢に言及するのはタブーなので関心のある方は検索していただくとして、この年齢でこの若さは驚異的である。神は彼女に味方しているが、最愛の夫は事故で失っている。

ブロードウェイ関係者の中には、彼女もそろそろ老け役をやっていくことを考えないといけないという人もいるが、この先まだ2,3作はこの調子でブロードウェイで主役を張れると私は考える。

いつの時代にも優れた俳優はいるものだが、私はバーナデット・ピーターズの舞台を生で見ることができて、本当に幸せだと思っている。

バーナデット・ピーターズのホームページはこちら:

http://www.bernadettepeters.com/

また、彼女がカーネギーホールで行った、ソンドハイムの曲を中心に歌ったライブは2枚のCDに収められている。この2枚のCDは、ソフィスティケーションの極みであるソンドハイムの魅力をこの上なく堪能できる名盤である。

http://www.amazon.com/Sondheim-Etc-Bernadette-Peters-Carnegie/dp/B00000GC22/ref=pd_bbs_sr_3/103-8077498-7571800?ie=UTF8&s=music&qid=1176555133&sr=1-3

  http://www.amazon.com/Sondheim-Etc-Bernadette-Peters-Carnegie/dp/B0009X75DS/ref=pd_bbs_sr_2/103-8077498-7571800?ie=UTF8&s=music&qid=1176555133&sr=1-2

« Sunday in the Park with George | トップページ | Ultimate Broadway »

ブロードウェイ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/347183/6094048

この記事へのトラックバック一覧です: Bernadette Peters:

« Sunday in the Park with George | トップページ | Ultimate Broadway »